日本人のほとんどの人がこの風景が好きです。




Vina del Mar 2003
魔女の KiKi が飛んでいそう!!
ビーニャ デル マル
幹線道路から最初に目に
飛込んで来る風景です。
Vina del Mar Chile

カウンター este contador empezo 17 de Junio 2009



Vina del Mar by Google

Nueva Costanera Santiago Chile by Google



200818 de Sep '8


Wel come Chile Wel Come Chile





ビィーニャの先のプラヤ(コンコンの近 く)
playa amarillo のもっと先です。

ビィーニャの駅
Vina del Mar

プラヤの丘側にはこんな風景の建物が

有名な風景です。ここはVina del Mar 一般的な風景
で、この海岸の先、奥の方にコンコンと言う地域があります。チリの海は海岸線がとても綺麗です、何か ヨ─ロッパの風景にも似ていますが、フンボルト寒流が南極からエクアドルの沖まで流れており、とても
冷たい海流の為に水泳には不向きと言われています。暖流が流れていたら、Hawaiiの様になって
いたことでしょう。
     
ここはビィーニャでしょう。駅が見えます

ここがPlaya amarillo

ペリカンが沢山 コキンボなどもペリカンが沢山います。
ここはビィーニャです。


La Costa とサンチャゴを結ぶ幹線道路にはこんな風景の
葡萄畑がいっぱいあるわけです。何もないけど綺麗なところです。



西暦   2002 年サンチャゴ市内

プロビデンシアからラスコンデスへ
アポキンドと言われる通りです。この手前が右の地域です。
ちなみにアポキンドと言う地名はインデヘナの言葉からとった名


月並みですがプロビデンシアから
アポキンドに替る交差点です。
トバラバ通りが始まります。
結構 綺麗な地域ですい。


南限の椰子で有名なのです。下はビーニャ近くの椰子の森です。有名な所

夏のトラバラ通りからラスコンデスを見る

ラスコンデス地域 のプロビデンシア隣接区地域


ここからアポキンド通り晴れていると奥はアンデスが見えるのですが


プロビデンシアの小さな教会、AV ロス・レオネスがこの下を通っています
軍病院もなくなって反対側も変わったのでしょう。



トバラバ通り沿いのからの風景

 そして夕焼け の風景

          

 


ポクロに住んでいた頃のお隣さんの
綺麗なブーゲンビリアです。


隣を見ると目が覚める様な咲き加減
とても懐かしいです。

秋のサンチャゴ市内、

ふっと思うとそこには銀杏の木
があるのも、サンチャゴです。
学名は忘れましたが日本と言う名
がついていたような気もします。

5月 上旬 朝晩が寒い
西暦   2002 年   サンチャゴ   市内の風景とスモッグ
バケダノ

私が 働いていた 会社の 近くから 撮った  風景 2003 Santiago,Chile



午前中のサン クリストバルの 丘の 山頂 付近 から撮った風景
そして町の中はこんなに近代的なんです。

10年もするともっと変ってしまうと思います。何せこの近くの
地下にはメトロが走っているのです。

冬ちょっと寒い感じです
南米の冬は湿度が高く気温は
日本ほど低くはないがじんめり
とした頃となります。
ポクロ通りから見たアンデス
アンデス山脈は普段は曇った
冬が多い為 見えることはない
のですよ、こんな綺麗に見える
のは大雨が降った翌日です。
ポクロ
通りからアコンカグアの方向
を見た風景です。

Av Pocuro とても静かな住みやすい地域です。(Providencia)

週末なので、まだ  良いが  ウイーク デイ は もっと スモッグ が ひどくて 厳しい

きょ うは   ケーブルカーが メンテナンスの為  稼働しておらず、山頂まで、歩いて( 徒歩  1時間 ほど)散歩ただ 中腹までは スモッグでかなり息苦しい感じでした。それを 過ぎるとそうでも ありませんでした。

夏 でも スモッグが かなり あり かなり 環境が変化している サンチャゴ市内です。


サンクリストバルの 丘 の 頂上 付近の 風景 です。下界 は スモッグ だらけです。

7合目 かな  プール が ある ところ です。とても 綺麗でしょう。もっと 明るく 写っていれば
    良いのですが、。スモッグ さえなかったら とても 良い サンチャゴ なのですが。

私 たち が 住んでいた ビルバオ周辺 です。


サンチャゴ(チリ)をGoogle で見ましょう

Google Map を使います。ブラウザを使って、Google の検索を使います。
las condes santiago chile を検索します。検索結果にその付近の地図や、色々な情報がスペイン語で出てきましたら、上部 左上の「地図」をクリックします。
Googleで地図が表示されましたら、航空写真をクリックします。後はストリートビューをクリックしますと、どこかの場所に落ちますのでそのままマウスで街の中を散策します。
サンチャゴ市内はとても綺麗です。南米とは思えないと実感すると思います。
検索場所は「las condes santiago chile」 「providencia santiago chile」 「Valdivia Chile 」 「Vina del Mar Chile 」 「Iquique Chile」
「puerto montt Chile」 などです。これで北から南までおおざっぱに見る事が出来ます。サンチャゴ市内はスモッグがひどくて、晴れている日でもあまり綺麗に風景を見ることを満喫できませんが
雨が降った次の日はGoogleの風景の様になります。10年たっても大きく変化はない風景ですが、綺麗なビルが立ち並んだ風景は、南米を感じさせません。「Nueva constanera santiago chile」を
検索して見て下さい。ここに住みたいなあと思わせると思います。日本人は多い時でも1000人程度ですので、めったに会うことはありません。ちなみに日本大使館は、「embajada de Japon chile」
一等地にお城をかかえています。プロビデンシア地区です。AV LION にあります。メトロから歩いていける距離で、とても安全な地域です。


ポクロ通りからアンデスを見る
冬の弱い日差しの中からアンデスが覗く
セントロ
です。スブテル
の電話塔が見えます
ロス・エロエの方向から
見たアベニダ・アラメダ
です。ベルナルド・オ・
ヒギンと言う名ですが
私たちにはアラメダが
呼びやすいです。
ここが有名なサンフランシスコ教会です。


 

                    パトロナートに 続く 橋から 撮った 風景 マッポッチョ川

                      この地域はParisに似ていると言われている地域です。

         

sur chile nieve 2006

                 冬のチリの南です。いかにも 厳冬  アンデスなんです。

                 2006年 冬 私の製作した管球ア ンプを愛用しているお客様から送って

                 頂いた冬の南部の風景です。



2002 年 の 8月です
も う 春かな ? と言う 風景です、昔と変らない 桜の花 やら 桃の花 やら 杏の花やら、梅、そして、

アーモンドの花やら まったく区別が つかないほど咲き乱れます。
チリ の 春 その 風景 あと 1回ほど すごい雨のシーズンを迎え  本当の 春となるそうですが、
今年は異常気象で 何か 春がかなり
 早く来そうですと、言っていました。もしかすると干ばつかもと言う事も言わ れています。

 





プロビデンシアの 回りの 風景 、来た事がある人は 思い出して下さい。

そ して   アルマックの ある 裏側の 風景、昔は ここに ユダヤ人?の 豪邸が あった、椰子の樹だけは
立 派に 大きくなった、昔 働いていた頃あった 杏の樹は 今 は かなりの大木になっています。それを見ると
あー 時間ってたつのが早いのですね、と思います。昔 81年代は この 椰子の樹は 細いヒョロヒョロの椰子の樹
だっ たのを思い出します。サンチャゴ・チリの椰子は一説によると南限と聞いた事があります。最近連立する
ほとんどの新しいマンション(デパルタメント)の製作者はユダヤ人と聞きます。大きな屋敷後でしたが、これらの
ビルのオーナーもユダヤ人なのでしょう。

 

チリってサンチャゴに限らず とても 綺麗な ところです。ね 、、私はそう思います。


   


minami 2002-3

minami no chile 2002

2002初夏、テムコの仕事仲間(軍関係、無線設備)から送っていただいた写真です。。

2006から2008年の夏のアタカマやイキーケそしてサンタルシア、サンチャゴ・セントロのポイントの風景です。
チリ人の友達から送っていただいた写真です。

友達が夏休みにアタカマ砂漠で撮ったものです。2008年の2月です。


何か? 日本人の旅行者と遭遇して一緒に撮ったそうです。2008年2月14日の日付がありました。

ソナフランカと呼びます。チリには南と北にフリーゾーンがあります。
santa lucia santiago chile

サンチャゴ・セントロには休火山があります。町のちょっとハズレなのですが小高い丘でこの丘も休火山なのです。
いつか?噴火するかも知れません。サンクリストバルの丘も同じ休火山です。軍事政権の82年ごろ煙が5合目あたりから
出たなんて話もありました。仙台の八木山によく似ています。高さは筑波山なみですが。

プラサ・デ・アルマに位置するカテドラルと新しい建造物の対象とでも言いましょうか?2007年の何変らない風景です。



Radio Beethoven
Radio Beethoven です。チリから送られてくるFM クラシックです。一日のニュースやCMも放送されます。

Santiago Chile Insider Adventures
英語での紹介です”5重まる”の結構 綺麗なチリの風景を紹介しているサイトです。チリが好きな人には懐かしく見られる
と思います。


そして、カマラ・コマーシャル・ハポン・チリのサイトから沢山の綺麗なチリの風景が
紹介されています。風景写真館はここです、ご満喫下さい。。泥棒 強盗の多い国 悪い奴等の多い物騒な国になってしまいましたが 私には
とても懐かしい国なのです。その他のリンク農林水産省OBの星野 氏のHP
サンチャゴ紹介からです。ここからも綺麗なサンチャゴ市内を見る事ができます。
そして、夏のチリのリゾートは沢山ありますがSan Alfonsoが有名
です。近年出来たばかりですが、一度行くことをお勧め致します。チリにも北部に行くとチリのカリブ海と言われている
プラヤ・イングレッサと言うリゾート地があります。何もなくても綺麗な海岸線はチリならではと思います。
チリ プラヤ・イングレッサはAca
外国人のサイトで綺麗なサンチャゴの写真があります。 Santiago de Chile Daily Photo
結構綺麗です。お楽しみ下さい。
そしてもう一つ、結構真面目なBlogサイトです。チリため息日記byまるすけさん


私は日本の音響機器製造会社(PIO社)がサービス拠点を作る構想がありチリへ行った経歴
があります。第3の故郷です。とても好きな国ですし、スモッグさえなかったらもっと良いサンチャゴです。
サンチャゴがとても好きです。若い時に3年アメリカに住んでいたのも良い思い出です。甘すっぱい思い出のアメリカ
です。私の思い出 ノースフロリダ
ジャクソンビル・フロリダです。I-10 を熱風を切って大型バイクに乗って突っ走る一人の日本青年がいました。1973年




そして、もう少し、、サンチャゴ市内をユックリ眺めましょう、これはリアルタイムのCAMです。日本からは夜半のアクセスが
良いと思います。「ここです」100%懐かしく
なると思います。

そして極めつけ画質の良いサイトは、「ちりじり〜」のラウタロウさんの写真アルバムサイトです。
まずは、ここをClick
結構、サンチャゴを満喫できます。

そして、チリの写真家、アレックス・ガルシア氏の写真集です。モノクロですが綺麗なチリを満喫できます。
チリ 風景と生活

ここも
かなり綺麗なチリを紹介しています。「南米チリLife  ~ケ・セラ・セラ~ :チリで子育て」
のタイトルのBlogです。お母さんで女性らしいBlogです。



旅行を趣味に持つ、高谷 徹 氏の南米旅行 地理編

偶然、見つけた、とてもチリを高く評価して旅行をしてくれた、高谷 氏のチリ旅行記は、
ここです。
綺麗な写真も張られています 。2010年5月 リンク



南米の食材と書籍について、書籍はマナンティアル書店にあります。教材が多いのですが
雑誌もおいてあります。http://tokio.cervantes.es/jp/default.shtm ですが、現在名称が変わっています。
スペイン語の書籍、教材はここで、入手します。

食材は、五反田に2店あります。ペルー領事館、ブラジル大使館のあるビルで、JR 五反田駅前にあります。
Kyo Dai Marketです。
とても明るい感じの良いお店です。通販もしており書籍、食材などがあります。書籍はポルトガル語、とスペイン語
です。
以下が内部の様子です。これで、ラテンな食べ物を入手出来ます。年中無休です。詳しくは電話をして情報を得てください。
東京近郊にお住まいでしたら、散歩がてらにお出掛け下さい。ウイークディは綺麗な白人の美人な女性が受け付けてくれます。
tienda 内部


お店の中





無料のスペイン語の小説は、「here to get」をクリックして下さい。
Here to get

馬鹿にすることについて:
チリ人はインディオ以下じゃ怒らないのです。アフリカーノ以下と言うべきでしょうか? かなり怒ります。
プライドばかり高くてね、困った国の人です。能がない奴等に限ってもっと主張します。

私は国際結婚をしております。家内はフランス系 アルゼンチン人です。アルゼンチンと言う国はとても不思議
です。英国人、フランス人、そしてイタリア人の移民が多い国なんです。お隣の国 チリも似ています。意外に白人
が牛耳っている国、アルゼンチンとチリです。場所によっては、白人が多く、色のあるメスティソは偉くはなれない
国でもあります。アルゼンチン人とてチリにいたらチリ人ですが。

チリは英国人こそあまりおりませんが、意外に北欧系の人、特にドイツ系の人が多いのも特徴です。
日本人と違うこと、貯金をする週間がありません、あったらすべて使う、これがアメリカを破産させた
原因でしょう。英国、フランス、イタリア、北欧の人たち、勿論 ドイツ系の人たちが多い南米です。フランス製の
Metro,ヨーロッパ製の車両、神経が細かい人たち、チリ、アルゼンチンです。

チリの変人 日本人たち:
裏丘さん、山(山岸)ちゃん、古い話しです、。81年ころを話せば出てきそうです。
山ちゃんは有名な宿を営んでいます。バルパライソと言うところですが、
旅行者さん(バックパッカーと言う)たちが沢山のチリの写真を公開していますので、
ここで紹介しておきます。ここです>Meet the Paradiseと言う
題の旅行記(鴨内夫妻の自転車旅行記)の中で沢山のチリの2008年の写真を紹介しています。2010年の地震前のものです。

チリの風のBlogを書いているピーターさんもその頃の人です。チリの風は私の助けで最初のHPを公開
しました。彼も若かった80年代です。チリに骨を埋めた日本人も少なくないあの頃からの人たちです。
小説「革命商人」以降に出てきたチリが好きな人たちです。まだ、夜空では機関銃の音が響いていたころです。
100m おきに軍の兵隊が小銃を肩にかけて、物々しい状態の時代でした。昔のあの人は、今のあの人なんです
その人 その人 面影は残っています。


norte de Chile






2010 年 10月のチリ・サンチャゴ市内、Vitacura地区 Tabancuraの風景 写真です。


サンチャゴ市内で、日本人も多く住む地域です。25階のマンションから見た周辺の風景です。チリ人の知人が
(ドクター)最近送ってきた風景です。春、と言った季節です。


アンデス山脈方向を見る

ピノチエットが作った、高速道路が左手に見えます。アンデス山脈方向を見る



北側、

北側を見た風景、



南側、見た風景

そして、南側を見た風景はこんな風景



南側の風景、

南側の風景、サンチャゴ市内、高級住宅地はこんな風景です。とても住みやすい地域の一つですが
昨今、治安が悪くなった国でもあります。強盗が多いのも事実です。それも若年層の犯罪が問題になっています。

どこかの学校の運動場、

学校の運動場、風景、緑いっぱいのサンチャゴ・チリでしょう



西暦 2010年 10月 撮影
イキーケ 2012

イキーケ 2012 Cavancha Chile 綺麗でしょう



Sr Goro Ueharaの撮った写真集




チリの情報はここから



私はチリのお金持ち達にこんな物を売っています。20台位は売ったかな?
From Aug  2003 Last up date 3rd Aug 2014 Editd by Linux Blue fish