*  SRPP RIAA Amplifier D.I.Y
Please see with Firefox better see on your PC
Real Audiophile no use Push Pull Amplifier
SRPP RIAA Pre-Amplifier


RIAA SRPP


This Pre Amplifier for RIAA was built up early 1994 and restration of
Pre-Amplifier on Sep 2009 starting.this pre was consist with 7 valves,tone control and
RIAA , Pre-amplifier.REC OUT.improve only a parts of RIAA.I like SRPP RIAA sound
with CR Network and 4 valves of SRPP.



RIAA SRPP 1994 Sep

Only RIAA SRPP design on 2 Sep 1994


この回路はパナ社で働いていたときに、同僚から伝授された回路を元に実験で出したCR値のRIAA SRPP
回路です。コンデンサーなどは継ぎ足して耳と逆リア回路を併用して決めた回路です。一般に言われる
フラット部分のないCR型 RIAA回路です。とても音が良く長い間手を入れずに使っていました。差動型の
プリを作ったのをきっかけにRIAAの回路だけ分離しました。CRネットワークの組み方はいろいろあります
ので耳と相談して実験することをお勧め致します。逆L型2段が普通に使われている様です。
周波数の計算方法はf=1/2πCR で計算が出来ます。CRは並列、直列共に同じ計算方法になります。
一般に直列では最小のインピーダンスになりますので、それを応用してロールオフ
ターンオーバーを計算します。真空管には一般にミラー容量なるものがありますので普通は計算値とは
合いません。これは高周波などのコイルを作る場合も同様な考えです。補足: T=1/F CR=T
詳細な計算方法は大変難しいため、リンクサイトを参照して下さい。実験で何とかなりますが
厳しい人は正確な計算方法を覚えると良いかも知れません。以下のリンクを参照して回路も一新する
ことにしました。もっと良い音が期待できると思います。

写真からわかる様に電源とRIAAアンプとは、分離されます。9本のコードで接続されます。
整流管は6CA4を使い、初段 ECC83 で次段は、6DJ8もしくは、ECC82とします。相互の互換性はありません。
電源はどこか?じゃまにならないところに置いておくとしましょう。シャーシはアルマイト加工された、
アルミ箱です。奥沢に置いてありますので、使い安いもので見つけます。
アルミニューム、アルマイト加工されており、型番はNC7S/B だったと思います。バルクの箱でポリビニールの
袋に入っていました。大きさは、220mm X 150mm X 40mm ほどで、1.6mmの肉厚で、球のパワーアンプ
も組めそうです、2650円ほどでした。とても綺麗なしっかりしたシャーシです。



New 2009 RIAA


Play LP'9


新しい回路

new SRPP RIAA 2009

SRPP MM RIAA Amplifier 4 tubes ECC83 and ECC82



2段 SRPP MM用のプリです。回路は何も変わらない普通のSRPP回路です。18年程前に3入力のプリを作り
最近まで使っていた訳ですが、特にRIAA 部は気に入った音でした。MCの場合はTKS-83 Tamuraを使って
昇圧して使っていました。今回は3段アンプ、トーン回路を 2段として、RIAA用アダプターとして製作し
ました。次期 製作予定は、MCトランス装備の3段 RIAA装備プリアンプを作る予定です。前に作ったプリ
と同様に電源回路は別のシャーシで別組みで製作し、コード磁気的に干渉の少ないところに置く形で使用し
ます。電源はトランスのみで、整流回路などは、プリ側に組み込みました。パクリのCR定数です。
中高域は、それほど難しくなく、この程度で良いと思います。過去に2台ほど売ってしまったのですが、
低域はと言うとやはり甘く、値を大きくすると低域がもたついたりします。あまり評判は良くはなかったの
です。盤の歪みで、低域に不具合がある場合は低域をカットする場合がパワーアンプについていた時代もあり
ました。今回も多少甘気味ですが、綺麗に再生しています。初段はテレフンケンのECC83,終段はJJのECC82
です。キースジャレットなど、聴いていて、CDと錯覚します。
電源を同じシャーシ内で組むとこうは行きません、どっちかのチャンネルに取れ切れないハムが乗ります。
本体と電源トランスの接続は、18年前に製作した当時はオクタルベースに似た11ピンのコネクターを取りつけ
ましたが、そのプリを分解しての再製作でしたので、部品は再利用しました。11PINの丸形のコネクターは
現在でも秋葉原のラジオデパートの2Fの瀬田無線で売られていました。これに替るコネクターはちょっと形状
と、頑丈さなどを考えるとあまりないように思います。ピンが突き出たベースと丸形の黒いカバーそして
femaleのベースが一応組になっており、それを利用してコネクター線を作ります。1.5mもあれば良いと思い
ます。このRIAAプリを先日製作したラインアンプにつなぎます。ラインアンプは4系統で、USB,RIAA,CD,Tuner
とついでにテレビのラインアウトにもつながっています。音は良い部類と思います。色々試しましたが
ジャズ、クラシック共に綺麗に鳴ってくれます。ピアノ、弦そろって善くなります。
その後、一部 コンデンサーをVita-Qにしますた。低域の音色が変った様に思います。
出力は、最初はEHのECC82でしたが、その後手持ちの関係もあってPhilipsECG 6789Wにしました。
結局は写真の様にJJ ECC82 を使っています。とても明るくLPのイメージがなくなるような音になりました。
音は?
ジャズ、クラシックとても綺麗な音です。厚みのあるしっかりした音です。LPを感じさせないほどで、S/N
も良く特に録音の古いLPが生き生きと再生してくれます。忘れられたマイルス、音が薄いと思われた、
2度と聴かなくなったビルエバンスのソロピアノなど、何度も聴きました。はっと!した音が入っていたり
それは、一人で再度 納得しました。


Okusawa Box

秋葉のラジオデパート地階の奥沢商店に最近出始めた、ネット付きのアルミケース(アルマイト加工)
されたものです。とても綺麗な箱で6BQ5(EL84)シングルなどが入りそうな大きさのシャーシです。
できたらいつか使いたいと思います。型番はBS-250 1.5mm 厚のアルミ(2009年9月)



SRPP Amp for RIAA

SRPP RIAA ECC83 + ECC82 フォノイコライザー


英語IngresSite

3段 構成のSRPP プリ・アンプ
Pre SRPP

SRPP Pre Amplifier with MM/MC RIAA

Link for RIAA something can help you


その他:DAC 付き真空管ラインアンプの製作Fluency DAC D.I.Y

参照(勉強)サイトは以下です 、勉強になります:

The Bona's HomePageRIAA how to?

Minor Audio dot.comRIAA how to calculate?Only Japanese

Perque(Perche)Typeプリアンプの製作


7th Avenue


Since 3rd Sep 2009 and last up date is 7th Dec 2016 from Sakura Chiba Japan

Single Ended Amplifier D.I.Y

How to build up Amplifier Single Ended Amplifier 2010