アース母線と手法 How to Make Main Bus Wire

アンプを作る前の一番 必要な作業 The most necessary work before making an amplifier
6BQ5  真空管アンプを製作する Manufacture Tube Ampllifier


アクセスカウンター

this counter started 7th April 2021



アンプを作る前に行う事  What to do before making an amplifier


真空管アンプを作るには、多分どの様なアンプでも同様な考えが必要です。どの様なアンプでも特に低周波アンプを作る場合には注意してグラウンド・ラインの構築が必要になります。同じ様な考えはプリント基板でも
必要になります。このグラウンド・ラインの良否で良いアンプになったり悪い発信しやすいアンプになったりします。真空管アンプの場合はこのグランド・ラインの事を「アース母線」と言います。まず回路を作る前に
構想を立てますが、一般的に言うとステレオアンプの設計で必要なのは左右のアース母線をシャーシの中に魚の骨の様に張り巡らせることから初めます。入力回路と出力回路の位置、電源トランスの位置などが重要です。

電源トランスにはコアがありますので出力トランスのコアと磁力線が同じループに入らない様に位置決めをするのがアンプ製作の基本で綺麗なシャーシに並べて取り付けられた高級トランスと電源トランスの位置によっては
ハム音を拾ってしまいアンプとしての生命がそれで終息となってしまいます。電気は嘘を付きませんので最初にシャーシの上などで借りに位置決めをしてトランスの位置を決定して下さい。アンプ作りで一番必要な事項と
なります。これらの位置によってアンプの生命が決まってしまいます。良いアンプになるか高級ジャンクアンプになるかはこの作業で決まってしまいます。
このページはこのサイトを立ち上げた時から存在したページですが、この項目を見逃した人はさぞハム音だらけのアンプになったと思われます。基本的な考えです。




To make a tube amp, you probably need the same idea with any amp. It is necessary to carefully build the ground line with any amplifier,
especially when making a low frequency amplifier.
The same idea can be applied to printed circuit boards You will need it. Depending on the quality of this ground line,
it can be a good amp or a bad amp that is easy to transmit. In the case of a tube amp, this ground line is called the "earth bus". First before making the circuit
I have a plan, but generally speaking, what is needed in the design of a stereo amplifier is to stretch the left and right ground buses inside the chassis like a fish bone.
The position of the input circuit and output circuit, the position of the power transformer, etc. are important.

Since the power transformer has a core, positioning so that the core of the output transformer and the magnetic field lines do not enter the same loop is the basis of amplifier production,
and the position of the high-end transformer and power transformer installed side by side in a beautiful chassis. Depending on
The hum sound is picked up and the life as an amplifier ends with that. Electricity does not lie, so first position it on the chassis etc. and determine the position of the transformer.
The most necessary items for making an amplifier It will be. These positions determine the life of the amplifier.
Whether it will be a good amplifier or a high-end junk amplifier will be decided by this work. This page has existed since the launch of this site,
but it seems that those who missed this item became an noisy amplifier. It's a basic idea. //traduce by Google




では、最初にどうするか? 
1)交流の測れるデジタル テスター 若しくは オシロスコープを用意して下さい。テスターは出力トランスの出力側に接続します。
2)電源トランス と 出力トランス
3)AC コード を電源トランスに接続して下さい。下の様な画像になります。



So what do you do first?
1) Please prepare a digital tester or an oscilloscope that can measure alternating current. The tester is connected to the output side of the output transformer.
2) Power transformer and output transformer
3) Connect the AC cord to the power transformer. The image will look like the one below.

この位置決めで良いアンプになるか、悪いアンプになるか決定されてしまいます。トランスの位置決めはかっこいいなどの不安定な要素では決める事が出来ません、磁力線の影響でハムノイズが出てしまいます。
昨今これらを嫌ってDC/DCコンバーターを使う真空管アンプが出てきましたが微妙に音が固くなったり良いアナログの音が出なかったりする場合があります。真空管アンプは多少のハムノイズが出た方が良いと言う人も
おりますので、やはり古い手法でトランスを使ってアンプを作る事を推奨致します。


This positioning will determine whether it will be a good amp or a bad amp. The positioning of the transformer cannot be determined by unstable factors such as coolness,
and hum noise will occur due to the influence of the magnetic field lines.
Recently, vacuum tube amplifiers that dislike these and use DC / DC converters have come out, but the sound may be slightly hardened or good analog sound may not be produced.
Some people say that tube amps should have some hum.
We recommend that you use the old method to make an amplifier using a transformer.



トランスの位置 決め Transformer positioning



トランスの位置決めは画像の様に行います。電源トランスにACコードを付けてACにつなげます。感電しないように注意して下さい。死亡するケースもあります。その後、出力トランスに交流テスターをつなぎます。
テスターのレンジはmVが測れるテスターを用意して下さい。若しくはオシロスコープでも構いませんがテスターで十分です。交流レンジですので十分ご注意下さい。
トランスの位置決めした状態で、出力トランスの2次側つまり出力側にテスターをつけてその電圧を測定します。トランスの位置によって交流電圧が少なくなる点でトランスを固定します。
それらの位置で好きな構成の位置を決めます。決めた位置がそのままアンプになるシャーシ上でアンプを製作する事になります。位置は好みやトランスの形状で異なってきます。何度もテストする事をお薦めいたします。



Position the transformer as shown in the image. Attach an AC cord to the power transformer and connect it to AC.
Be careful not to get an electric shock. In some cases, you will die. After that, connect an AC tester to the output transformer.
For the range of the tester, prepare a tester that can measure mV. Alternatively, an oscilloscope is fine, but a tester is sufficient. Please note that it is an AC range.
With the transformer positioned, attach a tester to the secondary side of the output transformer, that is, the output side, and measure the voltage.
Fix the transformer at the point where the AC voltage decreases depending on the position of the transformer.
Determine the position of your favorite configuration with those positions.
The amplifier will be manufactured on the chassis where the determined position becomes the amplifier as it is.
The position depends on your taster and the shape of the transformer. We recommend that you test it many times.



Fixed Transformer position



Tim Amplifier

almost fixed all of transformer on chassic // KT88 Single Ended Amplifier case



BUS Wire how to make アース母線の張り方



アース 母線は 日本語では母の線と言います。一般的な言い方です。アース母線と言います。 EARTH BOSEN we call it's.any one knows.
この線は 1mm から2 mm 口径のニッケルメッキ銅線を使います。太い裸の導線なら何でも構いませんが腐食しにくいニッケルメッキ線の仕様を推奨します。
この導線をシャーシの中にステレオだったら左右対象に張り巡らせるのが普通の手法です。魚の骨の様にシャーシから絶縁して配置します。
シャーシにタッチしないように注意して絶縁板などを使って張る必要があります。完全にシャーシから絶縁して下さい。
このアース母線のシャーシに接続する場所をアースポイントと言いますが場所が決まっています。この手法はマークレビンソンでもソニーの高級アンプでも
ジェフローランドの超高級アンプでもアースポイントは同じ場所なのです。それは回路上の入力回路の一点に決めます。大型アンプでもアンプの背面に赤いネジが
ありそこで一点アースにしてあります。このネジが緩むとハムが出たり、アンプが不安定になります。
さてこの場所はどこか? それは真空管アンプの場合は1点アース若しくは 2 点アースになります。場所は一般的には入力回路の端子になります。
私の場合は入力回路のRCA 端子のグランド近くにネジをシャーシに止めてそのネジから太い線でアース母線に接続しています。
真空管アンプの場合は難しく、入力回路のコントロールグリッドの近くにグランドをしています。若しくは場合によっては、電源トランスのグランド端子にアース母線
をつなぎます。一点アースが好ましいのですが、私は場合によって、2点アースにしています。入力回路と電源トランスの2点です。アース母線は
必ず電源トランスのコアに並行にならない様にして下さい。コア面に並行線を張るとそこからノイズが出る場合があります。電源トランスの周辺にはなるべく
線口径の太い線を張ることを避けて下さい。アース母線がアンテナとなって微妙なハム音を拾う場合があるからです。汚い配線のアンプほど良い音が出るものです。
整理整頓した配線のアンプはノイズも多くあまり良くない場合が多く発生しています。電源トランスの周辺にはまっすぐなグランド線を位置しない事です。

inside

inside of 2A3/45 Single Ended Amplifier




The earth bus is called the Mother line in Japanese. It's a general term. It is called the earth bus. EARTH BOSEN we call it's.any one knows.
For this wire he uses nickel-plated copper wire with a diameter of 1 mm to 2 mm. Any thick bare wire will do, but we recommend nickel-plated wire, which is resistant to corrosion.
If this lead wire is stereo in the chassis, it is a normal method to stretch it symmetrically on the left and right. Place it insulated from the chassis like a fish bone.
It is necessary to stretch it with an insulating plate, being careful not to touch the chassis. Completely insulate from the chassis.
The place where this ground bus is connected to the chassis is called the ground point,
but the place is fixed. This method can be used with both Mark Levinson and Sony high-end amplifiers.
The earth point is the same place in Jefforland's ultra-luxury amplifier. It is decided at one point of the input circuit on the circuit. Even with a large amp,
there is a red screw on the back of the amp
There is one point grounded there. If this screw is loosened, hum will appear and the amplifier will become unstable.
Where is this place? It can be 1 point ground for tube amps or 2 point ground for him. The location is generally the terminal of the input circuit.
In my case, I fastened a screw to the chassis near the ground of the RCA terminal of the input circuit, and connected the screw to the ground bus with a thick wire.
In the case of a tube amp, it is difficult, and it is grounded near the control grid of the input circuit. Or, in some cases,
a ground bus to the ground terminal of the power transformer.
Connect. One-point ground is preferable, but in some cases I use two-point ground. There are two points, an input circuit and a power transformer. Earth bus
Be sure not to be parallel to the core of the power transformer. If you put parallel lines on the core surface, noise may come out from there. As much as possible around the power transformer
Avoid laying a thick wire with a wire diameter. This is because the earth bus may act as an antenna and pick up a subtle hum.
The dirtyer the wiring of an amplifier, the better the sound.
A well-organized amplifier is often noisy and not very good. Do not place a straight ground wire around the power transformer.
Traduce by Google



bus wire

Bus line wire 2 mm nickel plated wire



bus line

Bus line



BUS Line

asignement of BUS line by 300B Tim William Amplifier



BUS line how to


BUS 1



BUS 2






300B

300B Single Ended Amplifier Takumi (maestro)






アース母線がしっかり配線されていていれば殆どハムノイズは発生しないものです。アースの方式には高周波などに使われる「ベタ アース」と言うシャーシに直接アースする方法があります。この方法は送信機などに
使います。アース母線方式は送信機や高周波増幅器には使えません、また低周波増幅にはベタアース方式は使う事が出来ません。2種類のアース方式があります。
アース母線の場合、魚の骨組みの様な方式やスター方式のアースがあります。1 ポイントグランドの場合は必ず入力の1点でアース母線をシャーシに接続して下さい。


If the ground bus is firmly wired, almost no hum noise will occur. There is a method of grounding directly to the chassis called "solid ground" used for high frequencies.
This method is for transmitters, etc.
I will use it. The ground bus system cannot be used for transmitters and high frequency amplifiers, and the solid ground system cannot be used for low frequency amplification.
There are two types of grounding methods.
In the case of the earth bus, there is a method like a fish skeleton or a star method. For 1-point ground, be sure to connect the ground bus to the chassis at one input point.
Grounding here and there is not a good thing.


One input is sufficient, but in some cases grounding the metal chassis at the ground point of the power transformer is a common grounding method,
and this alone will eliminate any hum. Of course,
it is a generally known method that hum is completely eliminated by adjusting the direction of the core of the power transformer and the method of the core of the output transformer.



Tim's Amplifier D.I.Y

this is one part of single-ended.com

If would like to know more info

last up date 24th Aug 2021
Hand Made Amplifier Located Sakura Chiba Japan

©  Mizushima Audio Laboratory Japan